○山形村表彰規則

平成8年4月1日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、村長が行う表彰について、必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰の種類及び基準)

第2条 個人又は団体で、次の各号のいずれかに該当するものを、表彰するものとする。

(1) 自己の危険を顧みないで、人命を救助したもの

(2) 特に優れた善行があって、他の模範であるもの

(3) 産業の開発振興に功績のあったもの

(4) 地方自治の振興に功績のあったもの

(5) 教育の振興に功績のあったもの

(6) 学術、芸術、体育、その他文化の向上に功績のあったもの

(7) 消防、水防、交通安全の業務に功績のあったもの

(8) 社会福祉の増進に功績のあったもの

(9) 公共施設の維持改善に功績のあったもの

(10) 保健衛生の改善向上に功績のあったもの

(11) その他村の公益に関し功績のあったもの

(金品の交付)

第3条 表彰は、金品をあわせて交付して行うことができる。

(遺彰)

第4条 表彰は、故人に対しても行うことができる。この場合は、その遺族に交付するものとする。

(表彰期日)

第5条 表彰の時期は、表彰審査委員会の申請により村長が定める。ただし、善行者の表彰は必要に応じて適宜これを定める。

(表彰の選考)

第6条 第2条に規定する表彰該当者については、別に設置する表彰審査委員会の意見を聴いて村長が決定するものとする。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行について必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 山形村顕彰規程(昭和49年告示第4号)は、廃止する。

山形村表彰規則

平成8年4月1日 規則第7号

(平成8年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政組織/第2章
沿革情報
平成8年4月1日 規則第7号