○山形村軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月1日

告示第12号

(目的)

第1条 この要綱は、村内に居住する高齢者等に対して、軽易な日常生活上の援助を行うことにより、これらの者の自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止することを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、次に掲げる者とする。

(1) 村内に居住する介護保険の認定者以外の者等

(2) その他村長が特に認める者

(事業の内容)

第3条 事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 外出時の援助

(2) 食事・食材の確保

(3) 家屋内の整理・整頓等

(4) その他軽易な日常生活上の援助で対応可能なもの

(実施日及び時間)

第4条 事業の実施日及び時間は、次のとおりとする。

実施日

時間

月曜日から金曜日

午前9時から午後5時

2 前項の規定にかかわらず、村長が特に必要と認めたときは、これを変更することができる。

(申請)

第5条 対象者のうち第3条第1号に規定する事業の実施を受けようとする者は、山形村軽度生活援助事業利用申請書(様式第1号)を村長に提出しなければならない。

(利用の決定及び登録)

第6条 村長は、前条の規定による申請を受理したときは、事業の実施の必要性等を審査し、速やかに実施の可否を決定するとともに申請者については、山形村軽度生活援助事業利用登録台帳(様式第2号)に登録するものとする。

(通知)

第7条 村長は、前条の規定による決定をしたときは、申請者に対して山形村軽度生活援助事業利用決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(事業の実施)

第8条 村長は、第6条の規定により実施の決定を受けたもの(以下「登録者等」という。)に対して事業を実施するものとする。

(変更の届出)

第9条 登録者等は、第5条に規定する申請書の記載事項に変更が生じた時は、山形村軽度生活援助事業利用変更届(様式第4号)により、速やかに村長に届けなければならない。

(登録の抹消)

第10条 村長は、登録者等が次のいずれかに該当するときは、事業の実施を中止し、第6条の規定による登録を取り消すものとする。

(1) 第2条に規定する事業の対象者とならなくなったとき。

(2) その他村長が不適当と認めたとき。

2 村長は、前項の規定により事業の実施を中止し、登録を取消したときは当該登録者に対し、山形村軽度生活援助事業登録取消通知書(様式第5号)により通知するものとする。

(費用の負担)

第11条 この事業の実施を受ける者は、別表に定める利用料を支払うものとする。ただし、特に村長が認めた場合はこの限りでない。

(運営の委託)

第12条 この事業の運営について第3条に定める事項は、村長が適当と認めた法人に委託することができるものとする。

(補則)

第13条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は村長が定める。

附 則

この要綱は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成17年4月1日要綱第4号)

この要綱は、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成18年7月3日要綱第12号)

この要綱は、公布の日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成20年4月1日要綱第4号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日告示第23号)

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

利用1回につき

最初の1時間まで300円

以降、30分まで150円

1回当たりの利用時間が1時間に満たない場合、1時間とみなす。

1回の利用時間は1時間30分以内を目安とする。

様式 〔略〕

山形村軽度生活援助事業実施要綱

平成12年4月1日 告示第12号

(平成27年4月1日施行)