○山形村社会教育指導員設置に関する規則

昭和48年3月20日

教育委員会規則第2号

(設置)

第1条 社会教育の振興をはかるため山形村教育委員会(以下「教育委員会」という。)に、社会教育指導員(以下「指導員」という。)を置く。

(身分)

第2条 指導員は、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第3条第3項の規定による特別職の非常勤の職員とする。

(職務)

第3条 指導員は、社会教育に関する特定な事項の指導及び学習相談又は社会教育関係団体の育成に関する事務に従事する。

(任命)

第4条 指導員は、次のすべての条件を満たすもののうちから教育委員会が任命する。

(1) 健康でかつ活動的であること。

(2) 社会教育又は学校教育に関する経験を有すること。

(3) 住民から信頼される者であること。

(任期)

第5条 指導員の任期は、1年とする。ただし欠員が生じた場合の補欠の指導員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 指導員は再任することができる。

3 第1項の規定にかかわらず、指導員が法第16条各号の一に該当する場合のほか、次の各号のいずれかに該当する場合は、その職を免ずることができる。

(1) 自己の都合により、解任を申し出た場合

(2) 勤務成績がよくない場合

(3) 指導員としてふさわしくない行動があった場合

(報酬の額等)

第6条 指導員の報酬は、特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和32年山形村条例第2号)に規定する報酬を支給する。

2 指導員の報酬は毎月21日に支給する。ただし、その日が休日の場合は、その前日とする。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか、指導員の服務その他この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年3月20日教育委員会規則第1号)

この規則は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年1月21日教育委員会規則第1号)

この規則は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成4年2月1日教育委員会規則第1号)

この規則は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成21年12月21日教育委員会規則第2号)

この規則は、平成22年1月1日から施行する。

附 則(平成23年7月28日教育委員会規則第6号)

この規則は、平成23年8月1日から施行する。

山形村社会教育指導員設置に関する規則

昭和48年3月20日 教育委員会規則第2号

(平成23年8月1日施行)

体系情報
第11編 教育及び文化/第3章 社会教育
沿革情報
昭和48年3月20日 教育委員会規則第2号
昭和61年3月20日 教育委員会規則第1号
昭和62年1月21日 教育委員会規則第1号
平成4年2月1日 教育委員会規則第1号
平成21年12月21日 教育委員会規則第2号
平成23年7月28日 教育委員会規則第6号