○山形村職員の運転免許取得助成制度実施要綱

平成29年7月28日

訓令第5号

(目的)

第1条 この要綱は、住民サービスの向上及び業務の効率化等に資するための車両運転免許を取得する職員に対して、予算の範囲内において経費の一部を助成することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(助成対象免許等)

第2条 助成の対象とする免許は、マイクロバスの運転に必要な免許とし、普通免許の所有者が限定解除する場合を含むものとする。

(助成対象者)

第3条 助成の対象とする職員は、一般職の常勤職員(再任用職員、非常勤及び臨時職員を除く。)のうち、業務上免許の取得が適当であると村長が認めた者で、免許取得に必要な法的要件等を満たす者とする。

(助成対象経費)

第4条 助成の対象とする経費は、教習機関への入校手続に係る経費、講習等の受講料金(テキスト代を含む。)、検定料金及び免許証の交付申請等に係る経費の合計額とし、16万円を限度とする。

(助成金の額)

第5条 助成金の額は、助成対象経費の10分の8以内(1円未満切り捨て)とする。ただし、規定時間を超える追加講習及び検定不合格の場合の再検定に要する経費は全額自己負担とする。

(交付申請)

第6条 助成金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、村長にあらかじめ運転免許取得助成金交付申請書(様式第1号)を提出するものとする。

(交付決定及び通知)

第7条 村長は、前条の申請の内容を審査し、助成金を交付すべきものと認めたときは、運転免許取得助成金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(完了報告)

第8条 申請者は、免許を取得し、免許証の交付を受けたときは、運転免許取得完了報告書(様式第3号)に当該免許の取得を証する書類の写し及び領収書の写しを添付して村長に報告するものとする。

(助成金額の確定及び通知)

第9条 村長は、前条の報告書を審査のうえ助成金の額を確定し、運転免許取得助成金確定通知書(様式第4号)により申請者に通知するものとする。

(交付請求及び概算払い)

第10条 申請者が助成金額の確定を受けたときは、運転免許取得助成金交付請求書(様式第5号)により村長に請求するものとする。なお、助成金は必要に応じ、交付決定額の範囲内で概算払いできるものとする。

(交付決定の取消し及び助成金の返還)

第11条 村長は、申請者が次の各号のいずれかに該当することとなったときは、交付決定を取消し、又は交付した助成金の全部又は一部の返還を求めることができる。

(1) この要綱に違反したとき。

(2) この要綱の規定に基づく免許の取得後、5年以内に自己都合により職員として勤務しないこととなったとき。

(3) 前2号のほか、村長が必要と認めたとき。

(補足)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この訓令は、告示の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

山形村職員の運転免許取得助成制度実施要綱

平成29年7月28日 訓令第5号

(平成29年7月28日施行)