長野県山形村
トップページへ サイトマップ
山形村について
生活ガイド
行政ガイド
観光ガイド
防災・災害
Billingual
English
korean
Chinese
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド証明・申請・届出戸籍に関すること
 
2012年4月17日 更新
印刷用ページを開く
戸籍に関すること
戸籍の変更手続きについて
戸籍は、生まれてから死亡するまでの身分関係を記録し、公に証明することを目的とし、国籍も証明する大切な公文書です。夫婦、親子、兄弟姉妹などの関係が記載されていて、各人の身分関係が判るようになっています
こんなときは届け出てください
  期 間 届 出 人 届出場所 必要なもの 注意
結婚するとき
届出をした日から
効力が発生する
夫および妻(成年者の証人2人が必要)
夫および妻の本籍地、住所地の市町村役場
  • 夫と妻の印(一方は旧姓)
  • 届出場所に本籍がない場合は戸籍謄本
  • 同時に住所を移す場合は前住所地で発行された転出証明書
  • 夫婦が未成年の場合は父母の同意書
子どもが生まれたとき
生まれた日から
14日以内
父、母、同居者、出産に立ち合った医師または助産師の順 父母の本籍地・子の出生地・住所地の市町村役場
  • 出生証明書(届出書についているので、医師に記入、押印してもらう)
  • 母子健康手帳
  • 届出人の印
  • 保険証および預金口座番号
  • 命名は、常用漢字、人名用漢字でする
離婚するとき
(協議離婚)
届出をした日から
効力が発生する
夫および妻(成年者の証人2人が必要) 夫婦の本籍地住所地の市町村役場
  • 夫と妻の印(夫婦で同じ印鑑は使えません)
  • 届出場所に本籍がない場合は戸籍謄本
  • 配偶者の扶養になっていた場合は年金手帳
  • 離婚の際に称していた氏を、離婚後も使用したい場合は「77条の2」の届け出が必要
  • 未成年の子がいる場合は、父母どちらが親権者になるか届出が必要
養子縁組を
するとき
届出をした日から
効力が発生する
養親および養子(成年者の証人2人が必要) 養親か養子の本籍地、住所地の市町村役場
  • 届出場所に本籍がない場合は戸籍謄本
  • 養親、養子の印
  • 配偶者のあるものが単独で縁組をするときは、配偶者の同意
  • 未成年者を養子とする時は家庭裁判所の許可書の謄本
  • 15才未満の子が養子となる場合、届出人は親権者
養子離縁を
するとき
(協議離縁)
届出をした日から
効力が発生する
養親および養子(成年者の証人2人が必要) 養親か養子の本籍地、住所地の市町村役場
  • 届出場所に本籍がない場合は戸籍謄本
  • 養親、養子の印
  • 死亡した養子、養親との離縁の場合は、家庭裁判所の許可書の謄本と確定証明書
  • 離縁の際に称していた氏を離縁後も使用したい場合は「73条の2」の届出が必要
本籍を変えるとき
届出をした日から
効力が発生する
筆頭者と、その配偶者 本籍地、住所地の市町村役場
  • 戸籍謄本(同管内の場合は不要)
  • 筆頭者、配偶者の印(同じものは不可)
 
死亡したとき
死亡した日から
7日以内
同居の親族、同居していない親族、同居者、家主の順 死亡者の本籍地、死亡地、住所地の市町村役場
  • 死亡診断書(届出書についているので、医師に記入、押印してもらう)
  • 届出人の印
  • 広域豊科葬祭センターへの申し込みは、役場窓口を通して行う
 
本文終わり
ページのトップへ
住民課住民係
〒390-1392 長野県東筑摩郡山形村2030番地1
Tel: 0263-98-3112  Fax: 0263-98-3078
E-Mail: こちらから