長野県山形村
トップページへ サイトマップ
山形村について
生活ガイド
行政ガイド
観光ガイド
防災・災害
Billingual
English
korean
Chinese
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ住居・生活家庭でできる生活排水対策
 
2006年11月27日 更新
印刷用ページを開く
家庭でできる生活排水対策
川や湖の流れの大きな原因になっている生活排水は、私達のちょっとした注意で大きく改善されます。個々の家庭で少しでも汚れたものを流さない努力をし、河川の汚濁物質量を減らすことが大切です。
台所では
●「流し」には三角コーナーやストレーナーなどを備え、固形物を流さずにこまめに取りましょう。
●食器や鍋などに付着した油や汚れをゴムべらや不要な紙で拭き取ってから洗いましょう。
●廃食用油の発生量を少なくする工夫をしましょう。廃食用油をやむを得ず捨てる場合は、古紙やぼろ布などしみ込ませたり、市販の油固化剤を用いて固めるなどして可燃ゴミで出してください。
洗濯では
●石鹸や無リン洗剤は、きめられた量を計って使いましょう。
●風呂の残り湯は洗濯に使いましょう。
ディスポーザーの使用はやめましょう。
●魚や野菜くずなどを粉砕し、水に流すディスポーザーという装置が一部の家庭などに取り付けられています。
ディスポーザーから吐き出される汚れは、汚れの負担が大きくなりため下水道処理施設に大きな負担を及ぼしかねません。
ディスポーザーの使用をやめて、できるだけ生ゴミを出さない工夫をしましょう。
沈殿槽や浄化槽の適正な管理に努めましょう。
●沈殿槽の能力を充分発揮させるには定期的な汚泥の引き抜きや浮遊物の除去が必要で、これらの管理が悪いと処理が不十分になり水質汚濁の原因となります。
本文終わり
ページのトップへ
住民課環境係
〒390-1392 長野県東筑摩郡山形村2030番地1
Tel: 0263-98-3112  Fax: 0263-98-3078
E-Mail: こちらから