長野県山形村
トップページへ サイトマップ
山形村について
生活ガイド
行政ガイド
観光ガイド
防災・災害
Billingual
English
korean
Chinese
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド環境アメリカシロヒトリ駆除用散布機貸出します
 
2017年6月29日 更新
印刷用ページを開く
アメリカシロヒトリ駆除用散布機貸出します
 地域との協働によりアメリカシロヒトリを駆除できるように駆除用散布機を購入しました。
 区又は連絡班単位で貸出ます。
 アメリカシロヒトリは、6月中旬と8月中旬の2回発生し、桜、桑、柳、楓などに巣網をつくり葉肉を食します。
 早期対応として、枝切りによる延焼、踏み潰しによる駆除をしますと駆除用散布機を使用しなくても駆除できます。
 巣網から拡散し、やむを得ず駆除剤による散布が必要なときに駆除用散布機を利用してください。
駆除用散布機貸出について
申 請 者:区長又は連絡班長名で、事前予約が必要です。
貸出機械:一体型動力噴霧機、300gタンク、噴射ノズルを一式として貸出します。
噴射ノズルのみの貸出もします。
※駆除剤、燃料、運搬車輌は利用者が用意願います。
利用期間:原則として3日間とします。
そ の 他:駆除剤は、希釈量を守り、周辺住民に周知のうえ実施願います。
予 約 先:住民課環境係 0263-98-3112
アメリカシロヒトリ
ヒトリガ科に属する白い小型の蛾で、樹木の中でも特に桜、プラタナス等の落葉樹を好みます。
繁殖力が非常に強く、1匹で700から1,000個位産卵し、約1週間でふ化します。
幼虫は年2回巣網を張って集団で植物を食い荒らし、そのまま放置すると周囲の樹木まで丸坊主になってしまいます。
発生時期は、6月上旬から7月中旬と8月上旬から9月中旬の2回発生します。
所有されている土地の樹木の確認をお願いします。
駆除方法について
特に落葉樹(桜、梅、柿、クルミ、プラタナス、ヤナギ、アンズ)に好んで産卵し、幼虫は巣網を作り、葉の葉脈だけ残して食害します。1週間位で1.5cm位になり、巣網を抜け出して分散してしまいます。
従って、分散する前に枝葉を切り取り、焼くか踏み潰しにより駆除することが一番効果的です。
分散後は、それ以上被害が拡大しないよう薬剤散布により駆除を実施してください。
薬剤を散布するときは、飛散に注意し、人、動物、作物などに危害を及ぼさないよう気をつけ、近隣に迷惑にならないようにしてください。
その他の害虫について
 毎年春から秋にかけて、蜂の活動が活発になり、住民の皆様から宅地内での蜂の巣駆除のご依頼を承りますが、村では駆除を行っておりません。民間駆除会社または、養蜂会社へご依頼ください。
 ※他の害虫に関しましても同様に村では駆除を行っておりません。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

住民課環境係
〒390-1392 長野県東筑摩郡山形村2030番地1
Tel: 0263-98-3112  Fax: 0263-98-3078
E-Mail: こちらから