長野県山形村
トップページへ サイトマップ
山形村について
生活ガイド
行政ガイド
観光ガイド
防災・災害
Billingual
English
korean
Chinese
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ転居・転入児童手当
 
2016年8月4日 更新
印刷用ページを開く
児童手当
児童手当は、家庭等の生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。
児童手当は、申請をしなければ支給されませんので、出生・転入等の際にはお忘れのないようにしてください。
対象となる方
山形村に住民票がある方で、中学校卒業(15歳になった後の最初の3月31日)までのお子さんを養育されている方。
父母が養育者となっている場合、生計を維持する程度の高い父又は母が受給者となります。

※公務員の方は、勤務先から支給されます。
※児童が海外に住んでいる場合は、原則として児童手当を受け取ることができません。ただし、児童が海外の学校に留学している場合は、受け取ることができる場合があります。
所得制限
平成24年6月から所得制限が導入されています。
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円
 ※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
支給金額
0歳〜3歳未満 15,000円
3歳〜小学校修了前 第1子、第2子 10,000円
第3子以降 15,000円
中学生 10,000円
※所得制限限度額を上回っている場合、特例給付として児童1人につき5,000円を支給します。
※児童の数は、18歳になった最初の3月31日までの間にある児童の中で数えます。
支給月
6月、10月、2月の10日(10日が土日祝日の場合は直前の平日)に、それぞれ前月分までの4か月分が支給されます。
※受給者名義の口座に限ります(児童や配偶者名義の口座には振り込みできません)。
振り込み月 支給対象月
6月 2月〜5月分
10月 6月〜9月分
2月 10月〜1月分
申請窓口
山形村役場 住民課
※公務員の方は、勤務先にお問い合わせください。
必要な手続き
以下の事由が発生したときは、手続きが必要です。
事由が発生した日の翌日から15日以内に手続きしていただきますと、事由発生の翌月分から児童手当を受け取ることができます。
事由 必要なもの
初めてのお子さんが生まれたとき
・認定請求書(役場にあります)
・印鑑(認印)
・請求者の健康保険証のコピー
・請求者名義の通帳またはキャッシュカードのコピー
・その年の1月1日に山形村に住民票がなかった場合、請求者及び配偶者の所得・課税・扶養証明書
 (請求者が配偶者控除をとっている場合は、配偶者の所得・課税・扶養証明書は不要)
・請求者及び配偶者の「通知カード」または「マイナンバーカード」
山形村に転入したとき
児童手当の対象となるお子さんが
出生等で増えたとき
・額改定認定請求書(役場にあります)
・印鑑(認印)
受給者がお子さんを養育しなくなったとき
・受給事由消滅届(役場にあります)
・印鑑(認印)
受給者が公務員になったとき
山形村から他市区町村へ転出するとき
山形村の中で住所を変更(転居)するとき
・氏名、住所等変更届(役場にあります)
・印鑑(認印)
受給者、児童の氏名が変わったとき
受給者と児童が別居するとき
・別居監護申立書(役場にあります)
・印鑑(認印)
・児童を含む世帯全員の住民票
・児童の「通知カード」または「マイナンバーカード」
児童手当の振込先を変更したいとき
(受給者名義の口座に限ります)
・児童手当口座変更依頼書(役場にあります)
・印鑑(認印)
・変更したい口座の通帳またはキャッシュカードのコピー
 
現況届について
現況届は、毎年6月1日現在の児童手当受給要件(児童の監護状況や生計関係等)を確認するためのもので、受給者全員の方の提出が義務づけられています。
受給者の方には、5月末〜6月上旬に現況届をお送りしますので、6月中に必ず提出してください。
提出がない場合には、その年の6月分以降の手当の支給が受けられなくなりますので、ご注意ください。
本文終わり
ページのトップへ
住民課住民係
〒390-1392 長野県東筑摩郡山形村2030番地1
Tel: 0263-98-3112  Fax: 0263-98-3078
E-Mail: こちらから