コンテンツ一覧へジャンプ
長野県山形村
トップページへ メールを送る サイトマップ
山形村について
生活ガイド
行政ガイド
観光ガイド
防災・災害
Billingual
English
korean
Chinese
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ生活ガイド環境
環境
p. 1/1
既定
日付 検索
長野県は、最新の調査(※)で1人が1日に排出するごみの量が838gとなり、都道府県別で初めて最少になりました。県はさらなるごみの削減と全国1位の維持に向け、排出量を800g以下まで減らす「『チャレンジ800』ごみ削減推進事業」を展開しました。
レジ袋や食べ残しの削減、生ごみの水切りといった家庭や職場、学校でできるさまざまな取り組みを紹介し、ごみの削減を呼びかけています。目標まで38g、わずかミニトマト2個分です。美しい信州を次世代に引き継ぐために、1人ひとりができることから始めましょう。

※平成26年度実績 環境省「一般廃棄物処理事業実績調査」
住民課環境係
平成29年4月より、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」がスタートしました。
このプロジェクトでは、国民に対して、使用済小型家電のリサイクルへの、協力を促し、回収した小型家電から抽出される金属を用いて、東京2020大会の入賞メダルを作成します。
山形村においても、このプロジェクトに参加させていただくことになりました。つきましては、回収ボックスを設置しますので、不要となった携帯電話・スマートフォンがありましたら、ぜひプロジェクトへのご協力をお願い致します。
住民課環境係
山形村では、ごみの適正な処理を更に進めるための新たな長期的な指標として「山形村一般廃棄物処理基本計画」を策定しました。計画に基づく施策を村・村民・事業者の三者が共働して推進することで、定住環境の更なる向上、新たな活力と交流を生み出す村づくりを目指すものとします。
詳細は、添付ファイルにごみ編概要版を掲載しましたのでご覧ください。
住民課環境係
 山形村住民の方を対象に、生活の中で割れた食器、不用になった食器回収を次のとおり計画致しました。
 回収した食器は細かく破砕し、陶土に混ぜて再び食器として生まれ変わります。
 この機会に是非ご利用ください。

 また、「もったいない市」も同時開催します!
「いらない方」から「欲しい方」へ、状態の良い食器を無料で配布し、資源の再利用を行います。
住民課環境係
ごみは必ず分別し、ゴミの減量・資源化にご協力ください
平成24年4月よりごみの分別種類を追加しました
・資源布類の追加
 品目を限定し、毎月1回資源布類として回収します
 資源として収集できる布類
 ポロシャツ・ワイシャツ・ブラウス・Tシャツ・肌着・ワンピース・スカート・シーツ・枕カバー・ふとんカバー・パジャマ・ゆかた・ジーパン・毛布・バスタオル・手ぬぐい・カーテン(レース、ビニール製は除く)・カーディガン・セーター
上記以外は可燃ごみとして出してください
又、汚れている、ボロボロであるものは資源として回収できませんので可燃ごみとして出してください
排出方法は、中身の判るように、村指定ごみ袋以外の大きくても80cm×90cm以内の透明なビニール袋に入れて出してください
袋に記名する必要はありません

・蛍光管類の追加
 埋立ごみとして出していました、蛍光管・電球を資源として回収します
 年3回、蛍光管・電球に、水銀温度計・体温計を追加し回収します
 排出方法は、蛍光管はできるだけ購入時の箱・紙筒等を利用して頂き、無い場合は、ビニール袋等に入れて割れないように出してください
 既に割れている蛍光管、電球は、水銀温度計・体温計と一緒に、ビニール袋等に入れて出してください
住民課環境係
住民課環境係
 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づき特定外来生物に指定されているヒアリについては、平成29年6月以降、我が国の港湾内や中国等から輸入されたコンテナ内部、積荷等から確認されています。
 ヒアリについては、現在、確認地点における緊急的な防除や周辺の調査、世界のヒアリ分布地域との定期航路を持つ港湾における調査等を実施していますが、攻撃性が強く、刺された場合、体質によってはアナフィラキシー・ショック等の健康被害を起こす可能性があることから、ヒアリに関する国民の皆様の関心が高まっており、ヒアリに関する問い合せが環境省や地方公共団体等に多く寄せられています。
 そこで環境省より、正確な情報発信及び不安の解消のため、ヒアリ相談ダイヤルを開設することとなりましたのでお知らせします。
 
住民課環境係
山形村では、平成23年10月3日から簡易測定機器を使用して、空間放射線量の測定を開始しました。
測定結果は以下のとおりで、健康に影響のない値で推移しています。
放射線量測定開始から2年以上が経過し、放射線量に大きな変動もなく推移していることから、平成26年4月より測定を月1回役場東側駐車場としました。
今後、大きな変化が見られる場合には、測定回数、測定地点を増やす等監視を強化します。
住民課環境係
犬の飼育等に関する相談や苦情、飼い犬の適正な飼養管理及びしつけ方の普及啓発を図るため、標記相談会を保健福祉事務所にて、定期的に開催します!
申し込み不要・相談費用無料なので、気軽にお越しください!
住民課環境係
建設水道課上下水道係
 地域との協働によりアメリカシロヒトリを駆除できるように駆除用散布機を購入しました。
 区又は連絡班単位で貸出ます。
 アメリカシロヒトリは、6月中旬と8月中旬の2回発生し、桜、桑、柳、楓などに巣網をつくり葉肉を食します。
 早期対応として、枝切りによる延焼、踏み潰しによる駆除をしますと駆除用散布機を使用しなくても駆除できます。
 巣網から拡散し、やむを得ず駆除剤による散布が必要なときに駆除用散布機を利用してください。
住民課環境係
届出/水道料金、下水道使用料、清水高原簡易水道料金
建設水道課上下水道係
水道に修理の必要が発生した場合の当番店をご案内します。
直接当番店へ連絡して修理を依頼してください。
建設水道課上下水道係
し尿・家庭用雑排水の汲み取りの申し込み方法
住民課環境係
犬を飼うときには、近隣の人々に迷惑をかけない心配りをするとともに、犬の本能・習性を理解して、愛情を持って、しつけや教育をしながら、家族の一員として終生飼いつづけてください。
散歩の際は、フンをそのままにせずしっかり持ち帰りましょう。
住民課環境係
水道水が水質基準に適合し安全であることを保障するために、採水地点、検査項目、検査頻度等を定めた、水質検査計画を策定します。
水質検査計画に基づき、村内2箇所、清水高原1箇所で、定期的に水質検査を行っています。
建設水道課上下水道係
個々の家庭で少しでも汚れたものを流さない努力をし、河川の汚濁物質量を減らすことが大切です
住民課環境係
建設水道課上下水道係
p. 1/1
既定
日付 検索
環境