コンテンツの本文へ移動する
山形村トップ
ホームお知らせ新着情報山形村新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業について
ホーム防災・緊急新型コロナウイルス関連情報山形村新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業について
ホーム健康・福祉医療・健診山形村新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業について

山形村新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業について

新型コロナウイルス感染症予防の一環として、村民の健康の保持、不安を軽減するため、無症状の方が本人の希望により自費での検査を行う場合に、PCR検査、抗原定量検査に要した費用の一部を助成します。

なお、検査を受ける前に保健福祉課にご相談ください。

 

対象者

次のいずれにも該当する方

  1. 検査を受ける日において村内に住所を有する方であって、医療機関・介護施設に従事する無症状の方
  2. 世帯に村税等(村税、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料、利用者負担額(保育料)、下水道受益者分担金、下水道使用料、水道料金及び清水高原簡易水道料金)の滞納(現年分を除く。)がない方

 

対象となる検査

令和3年1月4日以降、医療機関で実施するPCR検査、または抗原定量検査

なお、簡易キットを用いた検査は助成の対象外とします。

ご注意いただきたいこと

  • 保健所や医師が新型コロナウイルス感染症の疑いがあるとして検査を受ける必要があると判断した場合は、助成の対象となりません。
  • 濃厚接触者や発熱のある方は、助成の対象となりません。まずは、かかりつけ医か保健所に電話でご相談ください。
  • 検査の結果が陽性であった場合には、保健所やその他の機関の指示に従っていただきます。
  • 検査の特性上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があり、偽陽性であっても、医師の判断により、入院や宿泊療養の適用になるなど、生活が制約される可能性があります。
  • 偽陰性の可能性があることや、陰性であっても検体採取日以降に感染等をしている可能性があり、マスクの着用や手洗い等の基本的な感染予防対策を徹底していただくことが重要です。

 

助成の内容

  1. PCR検査は、1回当たり20,000円を上限とする。
  2. 抗原定量検査は、1回当たり7,500円を上限とする。

助成の回数は、1人当たり1年度につきどちらか1回限りです。

 

申請に必要なもの

山形村新型コロナウイルスPCR検査・抗原定量検査費用助成交付申請書 (PDF 98.4KB)

・医療機関が発行する検査費用の領収書(検査を受けた方の氏名、検査内容がわかるもの)

・医療機関、介護施設に従事していることがわかる書類(健康保険被保険者証、職員証の写し等)

・印鑑

・振込口座がわかるもの

 

申請期限

令和3年3月31日

 

 

新型コロナウイルス感染症に関する検査について(厚生労働省ホームページ)はこちら

 

カテゴリー