コンテンツの本文へ移動する
山形村トップ
ホーム仕事・産業農林業認定農業者について
ホーム村政情報補助・助成認定農業者について

認定農業者について

意欲ある農業者を関係機関・団体等が支援します。

認定農業者制度とは・・・
意欲ある農業者が自らの経営を計画的に改善するために作成した「農業経営改善計画書」を村が認定し、計画達成に向けた取組を関係機関、団体等が支援する仕組みです。

農業経営改善計画書はどう書くの?

  1. 経営規模の拡大に関する目標
    (例)もっと大きな農業がしたい
  2. 生産方式の合理化に関する目標
    (例)生産のムダを省きたい
  3. 経営管理の合理化に関する目標
    (例)複式簿記でコスト管理をしっかりしたい
  4. 農業の従事の態様の改善に関する目標
    (例)労働時間を少なくしたい

等、自らの経営の現状を点検し、5年後の経営目標と達成に向けた方策を具体的に書き込みます。

認定の基準は?

今後も農業で頑張っていこうとする意欲ある農業者を

  • 山形村で定める「農業経営基盤強化促進基本構想」に照らして適切か
  • 達成できる計画かどうか
  • 農用地の効率的・集約的利用に配慮したものか

等、総合的に判断をし認定します。

認定農業者などに施策を集中化・重点化

平成17年3月に閣議決定された「新たな食料・農業・農村基本計画」では、今後、農業経営に関する国の施策は、認定農業者と一定の集落営農組織に集中的・重点的に実施することとされました。

認定農業者に対する主な支援措置

  • 低利の政策資金(スーパーL資金)
  • 税制の特例
  • 農業者年金の助成
  • 農地流動化奨励金等

カテゴリー