コンテンツの本文へ移動する
山形村トップ
ホーム村政情報補助・助成住宅用太陽光発電システム補助制度

住宅用太陽光発電システム補助制度

住宅用太陽光発電システムの設置をしようとする方又はシステムを設置した住宅を購入した場合、村の補助金が受けられます。
令和2年度につきましては、次の条件で申請を受け付けます。
(受付開始は令和2年4月1日からです。補助を受けるには、設置工事着手前に申請が必要です。)

補助金額

発電量1キロワットあたり3万円
上限12万円
公称最大出力は小数点以下2桁までとし、小数点以下3桁目を四捨五入します。

補助金交付対象者

次のいずれかに該当する方

  • 村内の自らが居住する住宅にシステムを設置する方
  • 村内の自らが居住しようとするシステム付建売住宅を購入する方


次の条件を満たす方

  • 年度内にすべての手続き(電力会社との受給契約、設置場所への転入等)を完了することができる方
  • 村税等を世帯として滞納していない方

対象システム

  • 住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連結し、かつ、太陽電池の最大出力が10キロワット未満のもの。
  • 電力会社と電灯契約及び余剰電力の販売契約を締結できるもの。

申請及び実績報告について

申請について

設置費用の内訳が記載されている見積書
設置予定箇所の位置図は明瞭なもの(住宅地図等)

パネルの配置図

申請者住所は申請を行う時点の住所(住民登録している住所)を記入してください。
設置予定場所の住宅所有者が複数所有など申請者と異なる場合は、承諾書の提出が必要です。
システムの着工は、補助金交付決定後に可能となります。

実績報告について

対象システムの設置完了年月日は、『領収書内の領収日』と『電力会社との受給契約日』のいずれか遅い日付となります。
申請者の住所と異なる対象システム設置予定場所の住所で申請されている場合、システム設置住所へ住所異動後の住民票の添付が必要です。
添付する写真は、対象設備(パネル、メーター、インバータ、インバータの製造番号等)の設置状況が明瞭に判るものとしてください。また、家屋が新築、建替えの場合、建設場所等の確認が行えるよう、申請時に提出された写真と比較可能なものをお願いします。
添付する出力対比表は、製造メーカーが発行した各モジュールの製造番号と個々の測定出力値等の一覧表、または梱包材などに添付されている製造番号票から作成するもの(その際はバーコード等の写しが必要)としてください。

ダウンロードファイルはこちら

カテゴリー