コンテンツの本文へ移動する
山形村トップ

妊娠・出産

母子手帳及び妊婦一般健康診査受診票の交付をします。

母子手帳の交付

医療機関で妊娠と診断されたら、妊娠届出書を保健福祉センターいちいの里へ提出してください。
山形村に住民登録のある方に母子健康手帳の交付と各種制度をご紹介する別冊や副読本を差し上げます。
母子健康手帳は妊娠出産・お子さんの成長・発達・予防接種などの大切な記録です。母と子の健康管理のために活用しましょう。
妊娠届出書は医療機関(産婦人科)にあります。

平成28年1月から母子健康手帳交付の際は、妊婦さんご本人の身元確認とマイナンバーの提示が必要です。

届出の際には

  1. 運転免許証などの妊婦さんご本人の身元の確認ができるもの
  2. 個人番号通知カードなどの妊婦さんご本人の個人番号を確認できるもの

を持参ください。

※妊婦さんご本人が来所できず、妊婦さんに代わってご家族が妊娠届出書を提出する場合には下記の3つの提出が必要です。

  1. 妊婦さんの個人番号が確認できるもの(個人番号通知カード等)
  2. 委任状(下記よりダウンロードできます)
  3. 代理人の身元の確認できるもの(運転免許証等)

妊婦一般健康診査受診票の交付

母子健康手帳の交付とあわせて、妊娠健診を受けられる受診票(公費助成)を14回分交付します。
ただし、妊娠届出週数に応じて交付する枚数が異なりますので、妊娠が分かったら早めに(遅くも15週までに)妊娠届出書を提出してください。
転入された方は、妊娠一般健康診査受診票を差し替えますので、保健福祉センターへ手続きにお越しください。

県外での妊婦健康受診の一部補助について

里帰り等で県内で妊婦健診を受診できない場合は、県外で受診した妊婦健診の費用の一部を補助します。
手続き等がありますので、ご希望の方は保健福祉センターまで事前にお問い合わせください。

松本地域の出産

分娩されるすべての妊婦さんと、産婦人科の救急治療を要する全ての患者さんに対して、安定した医療を提供できるように、地域全体で受け入れ体制を整備するために設立されました。現在、松本地域では、お産ができる医療機関と妊婦健診のみを行う医療機関が分かれており、それぞれの役割分担を決め、連携を図っています。

詳細は、松本地域の出産専用ホームページへ。

osan-anshin.jpg

カテゴリー