コンテンツの本文へ移動する
山形村トップ
ホーム記事ツキノワグマに注意

ツキノワグマに注意

kuma.jpg

山形村内で、ツキノワグマを目撃したとの情報が多く寄せられています。

冬眠前のクマは大量に餌を摂取する必要があり、広範囲を移動することから、人と出会う確率も高くなります。クマと出会わないよう気を付けましょう。

ツキノワグマ対策

クマを呼ばない

廃果や生ゴミなどを野外に放置すると、クマを呼び寄せます。放置せず、適切に処理しましょう。また、塗料などの揮発性の臭いや、漬物など発酵臭の強いものにも誘引される可能性があります。

クリ・カキ等は、クマを誘引する可能性が高いため、しっかり収穫するか、できれば伐採することも検討しましょう。

仮に1頭を捕獲しても、そこに呼び寄せるものがあれば次のクマがやってきます。まずは原因を取り除きましょう。

クマに出会わない

山に入るときは、鈴を鳴らすなど、人間の存在をアピールしましょう。「沢沿い」や「山の尾根を越えるとき」は音が伝わりにくいため、特に注意が必要です。

「明け方」や「夕暮れ時」はクマの活動が活発になります。人家付近へ出没する可能性もありますので、外出時は注意しましょう。

クマに出会ってしまったら

大声をあげたり石を投げたり走って逃げたりすると、クマが興奮して危険です。クマの動きを見ながら、ゆっくりと後ずさりましょう。

カテゴリー